オオサカ堂のURL移転について

subpage01

インターネットを利用していると、自分が訪れたホームページは非常に身近に感じられますが、ホームページの運営者の意向で、そのホームページのURLが突然変更になったりすると、「そのホームページはどこに消えたのだろうか」と不安に思ってしまうものです。2015年5月7日に医薬品個人輸入の大手オオサカ堂のホームページのURLが突然移転になりました。

以前の利用者のところには、メールが来て新しいURLが伝えられましたが、新しく利用しようと思った人たちの中には今回の急な移転は混乱をもたらしたようです。


オオサカ堂はインターネットが一般化し始めた1997年創業の医薬品個人輸入の大手で、2013年9月くらいからGoogleトレンドで1カ月9万件を超すアクセスのある会社です。その他、医薬品名を検索してオオサカ堂にたどりついたり、ブックマークをしてこのサイトに入る人の人数も加えると、他1日3000件をはるかに超す人が、オオサカ堂を訪れていることが分かります。


そのために、このサイトは時々重くなって開かなくなることがありました。

オオサカ堂の特別な情報を載せています。

会社側もサーバーを増強して対処していましたが、為替の変動の前後は、アクセス数が特に増え、新しいURLに移転せざるを得なかったようです。

有望な産経ニュースの有益情報を見つけよう。

オオサカ堂は2013年にもURLの移転をしており、この移転は、医薬品個人輸入の業界で避けられない問題です。
しかし、現在は、新しいURLも以前のURLも使用できこのサイトに間違いなくアクセスできるようになっています。